女性の髪は加齢に伴いハリやコシがなくなる!?

髪の毛と年齢はどう関係している?

若い人と高齢者を比べても、髪の毛の違いと言うのは明らかです。もちろん白髪か黒髪かという、見た目ではっきりと分かる違いもありますが、ボリューム、ツヤ、ハリなど、すべて違います。年齢を重ねれば髪の毛も衰えると言うことは、ほとんどの方がご存知でしょう。そのため髪の毛にもアンチエイジングが求められるのですが、年齢とともになぜ髪の毛も衰えるのか、実はこのメカニズムが解明されたのはつい最近のことです。

皮膚のターンオーバーを聞いたことがある、と言う方は多いと思います。髪の毛にも同じようにヘアサイクルが設けられており、2~6年かけて成長期、退行期、休止期を繰り返しているのです。髪の毛が成長するメカニズムは毛包の一番下にある毛球部の毛母細胞から、毛乳頭細胞へ指示を出し、細胞分裂や増殖を行いながら毛髪を製造し、上に押し出していく、というようになっています。この髪の毛の成長期と言うのは、若ければ全体の90%が当てはまるのですが、徐々に成長期の髪の毛は減っていき、代わりに退行期、休止期の髪の毛が増えていくのです。特に女性は30代が髪の成長期ピークと言われています。ピークを過ぎれば後はどんどん薄毛が進行していくばかりです。

年齢を重ねるとハリやコシは失われるのか

人は年齢を重ねると肌や体の中が衰えてくるだけではなく、髪の毛を作る細胞も衰えていきます。これは髪の毛を作る毛母細胞の働きが衰え、結果的に髪の毛のコシ、ハリが失われてしまうことにつながります。

さらに酸素運搬機能も衰えてしまいますし、女性ホルモンも減少していきますから、髪の毛はどんどんやせ細り、産毛のような細い髪の毛しか生えなくなってしまうのです。このハリ、コシが失われていく現象は実は30代から始まっています。まだまだ大丈夫と思っていても、髪形が決まらなくなった、額が広くなった、分け目がはっきりと見えるようになってきてしまったなど、いつもと違う現象が見られるようになったら、それは髪の毛のコシやハリが失われてきているということです。増毛を目指すなら頭皮の血行を改善し、髪の毛にいいケアをしていきましょう。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ