女性でも男性ホルモンが増えるとAGAになってハゲてくる!?

急増する男性化女性

最近増えているのが男性化する女性です。どういうことかというと、ひげが生える、体毛が濃くなる、皮脂量が増えるといったことが主に挙げられます。特にひげのように鼻や顎の下に濃い毛が生えてくることが問題視されており、毎日処理に終われる女性も増えています。

なぜこのような現象が起こるのかというと、女性の中で男性ホルモンが優位になりやすくなっているからです。本来女性というのは女性ホルモンの分泌が多く、男性ホルモンはわずかな量しか分泌されません。ところがストレスを受けると女性の体はストレスに対抗するために男性ホルモンを分泌します。すると男性ホルモンが優位になり、男性化しやすくなってしまうのです。

そのほかにもダイエットをして急激に体重が減る、更年期に入って序瀬ホルモンの分泌が急激に減るといったことが原因となっています。生活習慣の乱れ、食事の栄養バランスの悪さも影響していますので、身の回りから見直してみることが大切です。

進行すると薄毛も進行します

女性の中で男性ホルモンが増えていくと、AGAを発症しやすくなります。AGAは男性ホルモンの影響で起こる男性型脱毛症です。女性にもこのAGAが増えているのですが、原因が一つではありませんし、症状として頭全体が薄くなるということが挙げられますので、治療方法も男性のAGAとはまた違ったものになります。

一度女性のAGAを発症してしまうと、増毛して治療が完了するまでには時間がかかりますので、薄毛が広がる前に対処し、薄毛を食い止めることが大切です。髪の毛のボリュームがなくなってきた、ハリやコシが減ってきた、頭皮が見えるようになってきたというのは、女性のAGAですから、気がついたらすぐに生活習慣を見直すなどしましょう。

対策を取るのが早ければ早いほど、回復も早くなります。まだ若いから大丈夫ということもこのAGAにはありません。今は20代女性でもAGAにかかることがありますので、油断しないようにしましょう。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ