女性でもAGAになる?女性男性型脱毛症「FAGA」とは?

女性に増えているFAGAとは

最近中年以降の女性だけではなく、若い女性にも薄毛や脱毛が増えています。女性の脱毛にはいろいろと種類があるのですが、頭皮や毛髪の栄養状態の悪化などによる薄毛、脱毛状態をFAGAと言います。FAGAとは頭皮の血管が狭くなってしまうことで、栄養素や酸素が行き渡らずに、毛髪が育ちにくい環境となってしまうために起こります。血液循環に問題があるために起こる女性型脱毛症で、逃避は乾燥し、痩せてしまい、気力も失われてしまいます。その結果、めまいや疲労感を多く感じるようになります。

FAGAの女性の特徴としては、熱が感じられないために消火器系、循環器系の疾患にかかりやすく、特に泌尿や生殖器系に治療が必要となることが多く見られます。FAGAは実は青年期から始まっていることが多く、生涯にわたって進行していきます。そのため治療も根気良く行わなければいけません。また本人が症状と病気を自覚し、自分からFAGAと向き合って積極的に治そうという気持ちが大切です。

FAGAの原因は何?

女性の脱毛症であるFGAの原因は何かと言うと、女性の生活習慣に関係あることが多いようです。1つは生活習慣の乱れです。不規則な生活、仕事や家事などで溜まるストレス、栄養バランスの悪い食事などによって起こります。それからダイエットの方法にも問題があります。急激で過剰なダイエットは栄養状態が悪化しやすく、頭皮に栄養素が行き渡りません。すると脱毛も進みやすくなってしまいます。栄養バランスが崩れたりストレスがかかってしまうと、ホルモンバランスが崩れ、普段女性ホルモンが優位に働いている状態であっても、男性ホルモンが活性化し、脱毛につながりやすくなります。さらに鉄分不足による貧血も原因の一つとされており、血行不良を引き起こしやすくなります。

そのほかの原因としては妊娠することでホルモンバランスが変わること、年齢を重ねることで頭皮や毛髪が老化することが挙げられます。妊娠中は女性ホルモンが優位に働くため、脱毛はしづらいと言われているのですが、人によっては脱毛状態が急速に進むことがあり、また産後脱毛することもあります。このようにFAGAの原因は様々ですから、原因別に対処法を知り、解決していくようにしましょう。その上で、増毛するなどの処置を取りましょう。


   にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ